再生医療と日本の進むべき道に関して

少し前になりますが、日本のips細胞がノーベル賞を受賞しました。
大変誇らしいことですし、医療の革新的な進歩が望めるのではないでしょうか。
中でも期待されているのが、臓器移植の分野だと言われています。
他人の臓器を移植すると拒絶反応がありますし、同細胞から臓器を作ることが出来ると、助かる命も増えるのではないでしょうか。
輸血もそうですし、血小板の分野においては既に臨床に入ろうとしています。
ここで大切なことは、欧州に後れをとらないことです。
先に特許を取得されてしまうと、多額の特許使用料金を払わなければなりません。
此れは日本にとって不利益ですし、損と言えるのではないでしょうか。
世界各国が研究成果を競っていますし、日本も負けるわけにはいきません。
有望な若手を育てることで、更なる進化が期待されています。
平均寿命が百歳を超える日も夢ではありませんし、糖尿病が完治することもあり得ます。
全てを諦めてはいけません。