保険会社が絡む時の治療は医師との関係を良好に

東洋医学と西洋医学は、症状によってどちらも甲乙つけがたい利点を持っています。
とはいえ健康保険の適用などに関わる場合は、急性の場合などを除き、先に病院を受診して、医師の同意書を書いてもらってから、東洋医学の治療を受けるのが大切です。
例えば、むち打ち症や捻挫などの場合、整形外科ではMRIやレントゲンをはじめ、精密検査には素晴らしいものがありますが、治療は湿布だけというケースも見られます。
そのため痛みが改善されなかったり、治療効果を実感できないパターンもあるのです。
そんな時は接骨院で治療してもらえば改善できる場合も多く、事実たくさんの方が通われています。
ただし、東洋医学での治療を後から整形外科医に伝えますと、医師との関係がギクシャクしかねないため、できるだけ予め了解をもらっておきましょう。
医師の同意書がなければ接骨院で保険が使えない症状もあるので、意外に無視できません。
そのほか、車にぶつけられた場合など、保険会社も絡む治療では医師との関係を良好に保った方が良いため、治療成果はともかく、整形外科医を袖に振るようなことはしない方が賢明です。